2016年1月13日

≪これは必見!≫スタッフがやる気になるためにどうしたらいいのか?と考えるときは、二つの視点で考えることが大切


team6-hp

スタッフがやる気になるためにはどうしたらいいのか?
って店長であればよく悩むことですよね。

私もスタッフ研修で、
どうしたら言わなくても課題を完璧にやってきてくれるかな~って
いつも考えています。

そこで、私なりに考えたスタッフのやる気を引き出して
やる気を持続、高めるためにどうしたらいいのかを今日紹介します。

まず一番大切なのは、マインドを高める教育研修です。
そして次に、自学自習の習慣形成の仕組みを作ることです。
(本当はもっとあるのですが・・・公開するのは今回二つにします)

まずなんといっても「やる気」になってもらわなければ
話になりません。

これが一番大切であり、難しいところです。
なぜなら価値観は年々多様化しているからです。

価値観が多様化している、ということは、
やる気のスイッチがみんな同じところにあるわけではない、
ということです。

モチベーションはこれまでニンジンをぶら下げれば
頑張るのが人の欲求でした。

しかし、時代は変わりました。

今は、ひとそれぞれスイッチのありかが違います。
このスイッチを「コミュニケーション」一つで見つける、
これが店長に求められる技術と言えるでしょう。

スタッフ一人ひとりとのかかわりで
スタッフのやる気は180度変わります。

私はお客様とのコミュニケーションも大切だと言っていますが、
それと同等、いやもしかしたらそれ以上に
スタッフとのコミュニケーション手法が大切なのではないかと
思っています。

なぜなら、組織はインサイドアウトだからです。
まずはスタッフが笑顔でやる気に満ち溢れること、
これが実現できてはじめてお客様と向き合えるものです。

お客様が先じゃない、
なぜならやる気のない人間に接客されて
感動するわけも満足することもないからです。

ほら、いるでしょ、
「こいつやる気ないな~っていう人」
これは本人のやる気を下げている組織風土が
たいてい問題だったりするものです。

では具体的にコミュニケーションとは何か?

それは「教育」です。

教育をすることで、言葉のくみ取る力を高めることが
大切です。

例えば、いきなり「モチベーションは上がるものだよ!」
と言われてもピンときませんよね。

しかし、教育を受けることで、
「そうだ、モチベーションは上げるものではなく、
上がるものなんだ」
と気づくことができます。

そのうえで「モチベーションは上がるもの」と言われると
「そうだ!その通りだ!」
と腹オチします。

企業の中には、トップの社長の話を聞いて
「素晴らしい!」と思うことが多々あります。

しかし、現場はピンときていないことが多いです。
社長のただの自己満足になっているなと思うことも
少なくありません。

理由は明快です。

=============================

「受け取る、くみ取る経験や知識がないのです」

=============================

だから受け止められる、くみ取ることができるようになるために
マインド教育をする必要があるのです。

うん、我ながらわかりやすい説明・笑

主体性は「高いマインド」から生まれるものです。
「どうしたらやる気が出るのかわからない」
というのが多くの人の行きつく先です。

私の研修受講生ならどうしたら自分のスイッチを自ら探して
スイッチを入れるかはわかっているはずです。
内容は秘密ですよ~・笑

スタッフ同士のコミュニケーションを通して
マインド教育をすることで、受け取る器が大きくなります。

そうすることであなたが伝えたいことの意図を
意図通りにくみ取ることができるようになります。

まずはこの土台を作ることです。

その上で「成長」に焦点を当てたコミュニケーションを取り、
仕組みを導入します。

具体例で説明をします。

いきなり「本を読め!」と言われても
「なんでよ~」となりますよね。

それはみんなそうです。

なぜなら意図がわからないからです。
つまり、「くみ取る力」が不足しているということです。

ここでマインド教育をします。
そうすることで「そうか、本を読むことで成長できるんだ!
この成長は売上アップ、顧客満足度アップ、強いては
自分の将来にプラスになるんだな!」
と意図を意図通りにくみ取ってくれるようになります。

そして、あとは仕組みを導入します。

月1冊書籍を読んで感想文を提出する、という仕組みです。
もちろんやり方は大切ですが、
簡単に言うとそういうことです。

マインドが高くないと、この仕組みは機能しません。
先述の通り、
「なんでこんなにクソ忙しいのに・・・勉強しないといけないんだ」
で終わるからです。

マインドと仕組みはセットだと考えるとわかりやすいと思います。

だから私はいきなりスキル研修はしないのです。
まずはマインドを育てることから始めます。

マインドが未熟であればスキルをくみ取る、受け取ることができないからです。

やる気を育てることは店長の仕事です。
カギはいかに社内コミュニケーション力を身につけるかに、かかっています。

人は感情で動くからです。
関わる人次第でその人のやる気はどうにでもなってしまいます。

そういう現場をくさるほど見てきたから間違いないです。

店長力とは教育、コミュニケーション能力で決まります。

顧客満足度、または売上はこの土台の上に成り立ちます。

よく覚えておくように。

世の中には売上アップの法則が簡単に散らばっています。

私はよく言うのですが、
「何をしたらいいのか?」はいくらでも手に入ります。

しかし、
「どうしたらいいのか?」は隠されています。

土台を作らないで何をしたらいいのか、にフォーカスを当てると
同じことをやってもうまくいきません。

私は研修の専門家(サービスを提供する側)なので、
誰よりも理解しています。

店長力を高める研修を導入し、
現場のやる気を育てる土台を作り、
さらに仕組みを導入することで主体性とともに
成果も向上していきます。

これも間違いないです。

私はそうやってクライアント先で成果を作ってきました。

あなたもぜひこの記事を参考に、
教育・コミュニケーションを土台に据えた
店舗マネジメントを実践していきましょう。

トップ販売員やサーバーを育てたい方にも
ぜひお越し頂きたいビッグセミナーです!!

時間が合えばだまされたと思ってきてください。
必ずイノベーションを起こします!

↓↓↓

【2016年初セミナー1月26日開催】

日本一の販売員・店長・サーバーを目指す方に
ぜひお越し頂きたいセミナーがあります。

これからの日本のサービス業を支えるのは現場力です。
日本一の店づくり、販売力を目指す人同士がお互いに
サポートし合って日本一を達成する組織を作ります。

ぜひピンと来た方はリンクをクリックして
1月26日のセミナーにお越しください!

日本一の店長・販売員を目指す方限定
~毎月トップセールスを維持する究極のセールスマインドセミナー~
詳細はこちらをクリックしてください。

追伸1

成田直人YOUTUBE公式ページオープンしました。

ぜひチャンネル登録してください。
絶対に損させません。

追伸2

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
LINE@成田直人ページ開設しました。
LINEをやってたら今すぐワンクリックで、
お友達になってください。
しなかったら後悔しますよ〜
ラインのお友達専用のプレゼントを作成中です。
定期的にプレゼント予定です。
'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

追伸3

【オススメ書籍】

この2冊を読めば、
今日の全容をより詳しく理解することができます。

>客単価アップの秘訣

9784756916181

「お客様はもう増えない!だから接客で客単価を上げなさい」
をお求めの方はこちらをクリックしてください。

>店長力アップの教科書

51B0yGX5R+L._AA160_

「年間3000人の店長トレーニングで見つけた 売り続ける店長が実践している「行動習慣」」

追伸4

【研修・講演サービス】

成田直人の研修を受講してみませんか。
年間100回以上研修を担当しています。
多くの企業様がリピートと紹介です。
なぜリピートと紹介が起こるのか?

それは私自身が販売員の時から何も
変わっていないということです。

私の販売も研修も最も大切にしているのは、
お客様のニーズを叶えること、それだけです。

どんな研修をしているのか、
ぜひこちらをクリックして3つの動画を御覧ください。

高収益繁盛店を作る20ステップ

昨対比120%以上を達成し、地域で愛され続ける店を作るのは店舗ビジネス全業種可能です。体験者8万名突破!数万店舗で「やれることは全部やり尽くした」「もうこれ以上売る方法が見当たらない」といった方々・店を支援し目標達成に導いてきた即成果に繋がる!20の現場ノウハウを凝縮したオンラインセミナー&各種特典を無料で聴講・購読してください

登録は簡単。メールアドレスを入力してボタンをクリックするだけで登録完了!

※ご登録いただいた個人情報は当社プライバシーポリシーに基づき厳重に管理致します。