2016年9月05日

ポップ(掲示物)をつけているのになかなか売上が上がらない・・・なぜ?


AdobeStock_96298960hp

私のコラムをご覧いただいているということは、
日ごろから「どうしたら売上が上がるのか?」
を考え、学んでいることと思います。

その姿勢は素晴らしいですし、
これからも学び続けてもらいたいと
思っています。

しかし、学んでも学んでも思うような成果が
生まれない、そんな悩みありませんか?

もし・・・あなたが学んでアイデアを実行しても
思うような成果が出ないのだとするとある一つの
重要な習慣の問題が潜んでいるかもしれません。

その習慣とは?

私は日本全国津々浦々クライアント先に訪問し、
企業研修やコンサルティングをしています。

先日こんなことを言われました。

「先生!しっかりと課題をこなしているのに、
思うような結果が出ません。
今日は相談したいことがあります・・・」

と。

「具体的に教えてください」

と聞いたところ一見問題のない回答でした。
なぜなら課題はきっちりとこなしているからです。

でも成果に繋がらない・・・

これは私のアドバイスと課題が効果的では
なかったのかもしれない・・・

と素直に反省し、話をもっと詳しく聞いていると
一つ相談者が成果に繋がらない決定的な理由が
わかりました。

もしかしたらあなたもこのパターンに
はまっているかもしれません。

そのパターンとは・・・
「改善案の立案と実行(テスト)」です。

私が伝えた手法で100%はまるとは言い切れないのが
現状です。

もちろん私の力不足である点を踏まえてお話します。

~成田物語~

昔々・・・なんていうのは冗談で(笑)

あるAの行動を私が受講生に課したとしましょう。

受講生は素直にAをやりました。

しかし思うような成果が出ません。
そこで受講生は「やり方に問題があるかもしれない」
そう仮説を立てて、Aを参考に、B(新しいアイデア)をやりました。
そして、目標達成できた、とさ。

~終わり~

そう、大事なのはいつ何時でも「改善」なのです。
ある程度準備ができたらすぐに実行することです。
これがとても大切です。

私は「改善」して違うやり方で試しましょうよ!
とアドバイスをしたところ相談者はすぐに次月結果を出しました。

もう一度言いますが、大切なのは、「改善」です。
i phoneだってバージョンアップするし、
windowsも同じです。

「今のやり方で本当にいいのか?」
と疑問を常に持ちながら施策を実行することが大切です。

“うまくいかないのであればやり方を変える”

ポップ(販促物・掲示物)も同じです。
ポップを作ることが目的ではありません。
ポップをつくって効果測定をして、
成果につながっていないのであれば
作り変える、これだけのことです。

あなたが今取り組んでいる販促案は何度バージョンアップ(改善)
しましたか?

ぜひ振り返ってみてください。

きっとやりっぱなしになっている販促物があるはずですよ。
改善・改善・改善!していきましょう。

もっと店舗運営する上で効果的な手法を学びたい方は、
ぜひ下のフォームにメールアドレスを入力していただければ
私が数日間寝ずに作り上げた20の具体的なステップを
無料で受け取ることができます。

もうじき2000名の方が登録してくださいます。
2016年9月5日現在で1980人超です。

多くの方から感謝の言葉や成果報告をいただいています。
ぜひまだ登録していない方は
ご登録ください。

2000名超えたら素敵なプレゼント(?)も
あるかもしれません・笑

お楽しみに。

高収益繁盛店を作る20ステップ

昨対比120%以上を達成し、地域で愛され続ける店を作るのは店舗ビジネス全業種可能です。体験者8万名突破!数万店舗で「やれることは全部やり尽くした」「もうこれ以上売る方法が見当たらない」といった方々・店を支援し目標達成に導いてきた即成果に繋がる!20の現場ノウハウを凝縮したオンラインセミナー&各種特典を無料で聴講・購読してください

登録は簡単。メールアドレスを入力してボタンをクリックするだけで登録完了!

※ご登録いただいた個人情報は当社プライバシーポリシーに基づき厳重に管理致します。