2016年3月21日

飲食店での産地説明でのどや顔はなんだか・・・微妙


Dollarphotoclub_104709705hp

先日お客様に連れられて
ある魚で有名な居酒屋に連れて行って頂きました。

それはそれはとても味もおいしくて、
基本的な接客サービスは良かったです。

しかし、一つだけ残念なことがありました。
それが産地説明です。

このご時世「どこの産地なのか?」は多くの人が気にします。
もちろんその知識をほぼ完ぺきに覚えているのは
飲食店のサーバーとして本当に素晴らしいし、
私が言える立場ではないのはわかっているのですが・・・
ここはあえて言わせてください。

ちょっと残念なのです、その言い方が。

せっかくの知識が・・・裏目に出てしまうというか、
安心感を受け取る(正確な情報)のですが・・・
なんか嫌な気分になりました。

それは言い方にあったのです。

反対に私がよくプライベートで行く
ごち惣家(東銀座)の布施君や店長の接客は
とても自然でいつも説明が楽しみで通っていたりします。

片方では好感を得て、
片方では不快感を得る。

この違いは何なのか?

私はまだ「言い方」しかわかっていないのですが、
せっかくなので話させてください。

基本的にサーバーが情報を伝えるのは
スタンスが「良ければ聞いてください」
というスタンスなのではないかと思っています。

お客様が求めていればもちろん伝えなければいけません。

しかし、相手がそれほどでもない状態で、
1から10まで詳しく説明することが
はたして求められるのか?

もし私なら良ければご覧下さいと言って、
産地表を渡すでしょう。

もしくは、
「お時間よろしければ
詳しく料理の説明をさせて頂きます。」

必ず断って話をします。

あくまでもサーバーが主役なのではなく、
お客様の「感情」が主役です。

この感情を乱す行為は
いくらお世話好きでも
ただのおせっかいで終わってしまいます。

しかも先日行った居酒屋のサーバーの方が
ものすごいどや顔で一つ一つ丁寧に
伝えてくださるのです。

私はちょっと引き気味で
同じテーブルのメンバーの顔を見ながら
話を聞いていました。

もう聞く気もないので、
早く食べたそうです。
(そりゃそうだ、昼ごはん食べてないのだから・笑)

やはりニーズ喚起をする質問はオープニングに必要だなと
痛感しました。

販売でも同様に、
「よろしければ履いてみてください」
「よろしければ羽織ってみてください」

と言われた瞬間に9割のお客様が、
「うっざ!!」となります。

これは先の例と同様にニーズがないからです。
お客様が求めていないことを強制されると不快感が生まれます。

しかもよりによってどや顔されるとさらに頭にきます・笑
一番問題なのは、料理の詳細説明も、販売のアプローチも
やっている本人はよかれと思ってやっていることです。

売り手と買い手にアンマッチな
コミュニケーションが重ねられていることが
現場では日々起こります。

まずは、これを減らすことが大切です。

ではどうやったら減るのか。
簡単なんですよ、超簡単なの!!

「質問」すればよい。

本当にこれだけ。

どんな質問をすればよいか?
それは・・・教えられないですよ~・笑

というか一つはこの文章の中に隠れていますよね。
・・・全然隠れていないか。

大切なのは、「ニーズの確認と喚起を促す質問」です。

あなたのお店のお客様はあなたの説明を求めていますか?
ぜひ一度考えてみてください。

意外と滑っている可能性大ですよ!

僕のつまらないギャグみたいに・笑

※もっと質問力を身に付けたい方は、
youtube LINE@ 最下段のフォーム登録は
絶対に済ませてください。
完全無料ですから!一緒に成長しましょう♪

追伸1

成田直人YOUTUBE公式ページオープンしました。

ぜひチャンネル登録してください。
絶対に損させません。

追伸2

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)
LINE@成田直人ページ開設しました。
LINEをやってたら今すぐワンクリックで、
お友達になってください。
しなかったら後悔しますよ〜
ラインのお友達専用のプレゼントを作成中です。
定期的にプレゼント予定です。
'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

追伸3

【オススメ書籍】

この2冊を読めば、
今日の全容をより詳しく理解することができます。

>客単価アップの秘訣

9784756916181

「お客様はもう増えない!だから接客で客単価を上げなさい」
をお求めの方はこちらをクリックしてください。

>店長力アップの教科書

51B0yGX5R+L._AA160_

「年間3000人の店長トレーニングで見つけた 売り続ける店長が実践している「行動習慣」」

追伸4

【研修・講演サービス】

成田直人の研修を受講してみませんか。
年間100回以上研修を担当しています。
多くの企業様がリピートと紹介です。
なぜリピートと紹介が起こるのか?

それは私自身が販売員の時から何も
変わっていないということです。

私の販売も研修も最も大切にしているのは、
お客様のニーズを叶えること、それだけです。

どんな研修をしているのか、
ぜひこちらをクリックして3つの動画を御覧ください。

高収益繁盛店を作る20ステップ

昨対比120%以上を達成し、地域で愛され続ける店を作るのは店舗ビジネス全業種可能です。体験者8万名突破!数万店舗で「やれることは全部やり尽くした」「もうこれ以上売る方法が見当たらない」といった方々・店を支援し目標達成に導いてきた即成果に繋がる!20の現場ノウハウを凝縮したオンラインセミナー&各種特典を無料で聴講・購読してください

登録は簡単。メールアドレスを入力してボタンをクリックするだけで登録完了!

※ご登録いただいた個人情報は当社プライバシーポリシーに基づき厳重に管理致します。