2013年4月04日

価格は下げるな!定価でも商品は売れる!


「やっぱり安売りしないと売れないのでしょうか」
と相談をしてくださる社長が後を絶ちません。

もし、ここで私が
そうですね!と言ってしまうと
大変なことになります。

もちろん企業努力として
価格を下げることは大切ですが、
適正な粗利を確保できない
安売りは私は反対です。

なぜなら大手の資本に勝てっこないからです。

しかも一度安売りのイメージを
お客様に与えてしまうと、
次購入するときに、
安売りのイメージのまま来店するので
店の価格が定価だと
購買意欲は一気になくなります。

まれにアウトレットモールでも
全く値引きがされていない店がありますよね。
ほとんどといってもよいほど
ガラガラです。

やはりアウトレットモールにきているいじょうは
得したいとは誰もが思うことなのでしょう。

一度値引きすると後が大変です。

だから私は定価販売を推奨するのです。

しかし、肝心のオーナーが
「いや~やれることやりつくしてもう策が
尽きてしまったんですよ~」
とおっしゃいます。

だから安売りしかないと。

では色々とやりつくしたことを
挙げてくださいと依頼しました。

すると出てきたのはせいぜい3つほどです。

これでやりつくしたといっているのですから
改善の余地しかありません。

安売りに走るには早すぎます。
話を聞いているだけで効果の出る
アイデアが私の思考の枠組みだけでも
5つ近く出てきます。

もっと考えましょう。
安売りに走るのは得策ではありません。

粗利を削っての安売りは
安易すぎます。

今一度どうしたらもっと店の売上が上がるのかを
考えてみましょう。

高収益繁盛店を作る20ステップ

昨対比120%以上を達成し、地域で愛され続ける店を作るのは店舗ビジネス全業種可能です。体験者8万名突破!数万店舗で「やれることは全部やり尽くした」「もうこれ以上売る方法が見当たらない」といった方々・店を支援し目標達成に導いてきた即成果に繋がる!20の現場ノウハウを凝縮したオンラインセミナー&各種特典を無料で聴講・購読してください

登録は簡単。メールアドレスを入力してボタンをクリックするだけで登録完了!

※ご登録いただいた個人情報は当社プライバシーポリシーに基づき厳重に管理致します。