2013年2月14日

「売れない」と言わずに、「どうしたら売れるか?」を考えよう


店長研修をしていると、「売れない」という言葉をよく耳にします。
「売れない」「売れない」と聞くたびに聞くようにしていることがあります。

それは「では、どうしたら売れるようになるんですか?」

と聞きます。

すると、「いろいろ考えてるんですけどね…」とおっしゃるので、
「色々考えて何をやってるんですか?」
と聞くと、
「いや…具体的には…」
とおっしゃいます。

実は、なぜ行動できないのか?
それは、そもそも考えていないからです。

色々と考えているとお話を頂くのですが
具体的なアイデアが出るまで考えてない
ということは、考えていないのと同じです。

さらに、具体的に行動に移らなければ
タラレバで目標未達成で終わります。

売れないのではなく、
売るための具体的な行動をしていない
というのが問題です。

深堀すると、「売れない」という言葉を
使うこともよくありません。

売れないといった瞬間
思考がストップするからです。

誰だって「もう無理、できない!」と
思った瞬間に考えることをやめますよね。

これと同じ原理です。

売れないと発するのではなく、
「どうしたら売れるようになるのか」を
常に自問していきましょう。

そうすれば必ず突破口が見えます。

高収益繁盛店を作る20ステップ

昨対比120%以上を達成し、地域で愛され続ける店を作るのは店舗ビジネス全業種可能です。体験者8万名突破!数万店舗で「やれることは全部やり尽くした」「もうこれ以上売る方法が見当たらない」といった方々・店を支援し目標達成に導いてきた即成果に繋がる!20の現場ノウハウを凝縮したオンラインセミナー&各種特典を無料で聴講・購読してください

登録は簡単。メールアドレスを入力してボタンをクリックするだけで登録完了!

※ご登録いただいた個人情報は当社プライバシーポリシーに基づき厳重に管理致します。