2016年12月16日

スタッフも辞めず、売上も上がり、紹介で溢れる超高収益店舗の作り方


business, growth

「おかげ様で今年も好業績で1年を締めくくることができました」
とクライアントから連絡を頂きました。

年末になると私自身にとっても1年間の通信簿のように、
次から次へと業績報告が送られてきます。

もちろん100%の確率で私の理想的な結果を
作ることはできていません。

2017年も勉強の毎日になりそうです。
しかしながら過去最高売上を突破したクライアントが
これまでの10年間で1番多かったのは事実です。

売上を上げて気持ち良く年越しできそうな企業と、
売上が落ちて来年の見通しが立たない企業の違いは、
経営者や店長の時間とお金の使い方の差だなと実感しています。

私はコンサルタントとして
10年間小売・サービス・飲食業のサポートをしてきました。

私のクライアントでフランチャイズチェーンに加盟している
企業は売上も常に向上しています。

時間の使い方もお金の使い方も本当に上手だなと。
スタッフが働きやすい環境を最優先にし、
スタッフの成長と成功体験が生まれるように
私を雇ってくださっています。

しかし、おなじFCチェーンの社長は、
そういった投資をほとんどしていないと聞きます。

なぜでしょうか。

これは考え方の違いではないかと思っています。

到底他のFCのオーナーでは理解できない
時間とお金の使い方をしているのです。

そして、結果的に大成功しているのですから
妬みの対象になります。

経営者や店長の資質で従業員は
好待遇で働き続けられるかどうかが決まります。

先日も事業再生案件で、
「先生お願いします」と60歳すぎの
女性に声をかけられました。

このパートさんの人生は経営者と店長の
舵取り次第なのです。

だから、どんな仕事をするかも大事ですが、
誰の下で働くかはもっと大切なのではないかと
つくづく最近実感しています。

市場適応力があり、
常に高収益の店を作るためには、
何かを諦め、何かを追及する過程から生まれます。

そんな一筋縄では超高収益店舗を
作ることができません。

私は経営者のはしくれでありながら
企業の行く末を託されたトレーナーとして
伝えたいことがあります。

あなたが2017年以降も
従業員にとっての光となれるかは
このセミナーにかかっているといっても過言ではありません。

市場環境は来年も大きく変わります。
ますますネット依存になる日本人に対して
どんな手を打つ必要があるのか?

「それならネットショッピングで勝負だ!」
と腹をくくって安売り競争に勝負を挑める資本があるなら
私のセミナーにくる必要はありません。

あくまでも店舗ビジネスを基幹として
2017年も戦っていく覚悟のある経営者や店長に
集まってほしいと思っています。

売り方を180度変えて
集客に一番のコストと時間をかける運営から
顧客の定着に一番のコストと時間をかけることが
必要になります。

「集客<顧客化」

目指している方は必ずお越しください。

そして、相互支援(受講生同士)をしながら
2017年を達成の1年となるように
私も全力でサポートさせていただきます。

高収益繁盛店を作る20ステップ

昨対比120%以上を達成し、地域で愛され続ける店を作るのは店舗ビジネス全業種可能です。体験者8万名突破!数万店舗で「やれることは全部やり尽くした」「もうこれ以上売る方法が見当たらない」といった方々・店を支援し目標達成に導いてきた即成果に繋がる!20の現場ノウハウを凝縮したオンラインセミナー&各種特典を無料で聴講・購読してください

登録は簡単。メールアドレスを入力してボタンをクリックするだけで登録完了!

※ご登録いただいた個人情報は当社プライバシーポリシーに基づき厳重に管理致します。